旧コミスタver.4作業手順 By名称未設定

IllustStudioアップデート1.0.3


6月24日に、IllustStudioの1.0.3が公開になってましたー。
ブラシの描き味のバリエーションとかもかなり増えているので、これはおすすめです。

IllustStudio アップデータVersion 1.0.3

詳しくはVer.1.0.3の機能プレビューのページで色々紹介されています。閉領域フィルがアンチエイリアスに対応してくれるのとか嬉しいですね。
…しかしコミスタにも欲しい機能も色々あるなあ…(笑)。shift押しで直線描画とか…。セルシスさん、コミスタもよろしく!!

気をつけないといけないのは、1.0.2以前からアップデートした場合、そのままでは「水彩」ツールとかに新しい設定が入らないことです。
ツールセット変更内容のページに詳しく書いてありますが、いっぺんツールセットを初期化して起動しないと、新しいセットが入ってくれません。
新しいツールセットが入ると、こんな感じになります。


それまでに色々カスタマイズしたツールがある場合、初期化したら当然そういう設定は消えてしまいますから、初期化起動する前にそういう設定は書き出しておきます。
「ツールセットの書き出し」で書き出しておいて、初期化起動した後そのツールセットを読み込む方法でもいいですが、同じツールセットパレットのメニューにある「ツールセットを素材パレットに登録」でも、手間がなくていいですよ。初期化起動したあとで、素材パレットに登録されているツールをダブルクリックして「設定の読み込み」でOKです。

2009年06月27日(土) No.236 (番外:IllustStudioの話)

書き出しで文字が抜ける・他トラブル


書き出しで文字が抜ける?の記事を読んで、同様の現象が起きたという方がコメントを下さいました。ありがとうございます! 私自身では解らなかったことですので、大変参考になりました。
結構いろんな現象があって複雑なので、いただいたコメントを改めてそのままここにまとめさせていただきます。



うにさん(Mac)
2009/05/30/15:57:33
テキストの文字ですが、私もその現象がおこったことがあります。
私の場合は、600dpiで作った原稿を、印刷所の指定で1200dpiで入稿する必要があったので(トーン部分のモワレ回避のため)出力設定のところをpsdのレイヤー階層保持で、600→1200にしたところ、テキストレイヤーの部分が変なことになりました。
文字も所々抜けていましたし、テンプレートで作った吹き出しもコミスタでは二つかさねた円が一つに合体していたのに、別れて出力されました。なので、円が重なった線の部分を消す手間が発生してしまいましたので、コミスタに戻って、テキストフォルダを全部ラスタライズして出力し直すことで回避はできました。
600→1200ではなく、解像度を100%で出力しなかった時もこの現象が出ていたように思います。
ラスタライズで回避する以外に解決方法を知らないので、あまり参考にならずにすみません。
ただ、ページ数が多いと手間になりますし、あとからテキストをいじる可能性もあるので、作品データを複製してからラスタライズの必要もあり、やはり面倒なことです。
私もMac版の不都合かなと思っています。

2009/05/30/16:43:45
すみません、追記します。
フォントによって出る現象なのか、法則があるのかと思い、実験してみたのですが、先に書き込ませて頂いたのと同じ上限で試したところ、テキストフォルダのデータだけではなく、ベクターレイヤーのデータも変になりました。
まったく書き出しされません。お陰でベクターで描いたキャラの髪の毛が全部なくてハゲ漫画ができあがってしまいました(笑)
また、同じ条件でサイズを変えて新たに同じようなデータを作成して(フォントは丸ゴシックとコミスタについているPGA)600→1200へ書き出しをしたところ、A5原稿用紙はちゃんと出力され、B5原稿用紙はフキだし部分が消えたものと、中途半端な形で出てきたものになりました。
消えた分は、「素材からフキダシを生成」で出した歪円03、中途半端(一部だけ欠けた)なものは「フキダシを生成」で作ったラフな楕円です。
あと、言い忘れていましたが、解像度を1200にする際に、ピクセル数を増やすために元データからの拡大率を200%にもしています。
文字自体は消えなかったので、特定の文字に反応しているのかはわかりませんでした。

野間美由紀さん(Mac)
2009/05/30/19:38:06
この、テキストが欠ける現象は、以前から発生して困っておりました。
当方Mac版ですが、テキストを入れたままPhotoshop形式でレイヤーを統合して書き出しての入稿の場合、50ページで4〜5箇所くらいの頻度で発生します。
法則性を捜そうとずいぶん頑張ったのですが、わからず仕舞いでした。

ただ、先日のアップデータの【修正内容】に、
Photoshop形式の画像書き出しを行った際に、リソース不足によりテキストレイヤーの文字の一部が欠ける場合があります。その現象を修正しました。
という文章がありますので、直ったのではないかと期待しています。
まだこのバージョンで書き出しが必要な入稿をしていないので未確認なのですが、リソース不足と書かれている以上、原因がわかっているようなので、直ったものと信じたいです。

MAIさん(Windows)
2009/06/14/02:34:06
今頃ですが、同じ現象が起こったので報告します。
当方はWin版EX4です。
解像度600dpiの原稿13P中2Pで起こりました。
何度やり直しても、同じページだけセリフが抜け落ちてまして、
最終的にはフォトショップ上で書き足して仕上げました。
コミスタで作った本は何冊かありますが、この現象が起こったのは初めてです。
その現象が起こった後に作った本では起こりませんでした。
こちらに寄せていただいてるおかげで、セルシスさんのアップデータ情報にいち早く対応できるので古いから・・・ってわけではなさそうなのですが。

2009/06/14/18:21:03
えっと・・・4月の頭に仕上げた本だったので、
その時点での最新版だったと思います。(おそらく4.3.0)
おととい再インストールしちゃったので、バージョンがはっきりわからなくてすみません。
ちなみに私の場合、文字欠けだけではなく
噴出しの中身がまるまる抜け落ちてたりしました。
「素材からフキダシを生成」と「フキダシを生成する」両方で起こりました。
フキダシ合体をした方は特に問題なしでした。
私の場合、セリフだけでなく、トンボやノンブルが
抜け落ちることもあります。
(ちゃんと設定でチェックを入れてます)
フォトショップで書き足せばいいことなのですが、
地味に面倒な作業です。

でんぱさん(Windows)
2009年06月16日 05:19
webにアップロードする際、またはpdfに書き出しをおこなった際、
レイヤー数が多い、または混雑しているページはトラブルが多いです。
当方win4.31ですが、そういうページでテキストフォルダーを閉じた状態と別途テキストレイヤーをコマフォルダーに用意している状態、ラスタライズしたテキストレイヤーもさらに措いてあったりとかすると、レイヤーの順番が入れ変わって書き出されたり、テキストレイヤーがずれていたりすることがマレにありました。
(さすがに文字ヌケは体験したことはないですが・・・)
ちなみにそういうときは、テキストレイヤーと通常のレイヤーの間にもう一枚レイヤーを挟んで(区切って)やると予定どおり上手く書き出してくれました。参考までに・・・

ふじいさん(Windows)
2009年06月01日 11:54
フォントが「ComicStudio-PGA」とかになっていると、漢字が表示されなかったりしますよ。「ComicStudio-EXP」でも出ない文字があった気がします。
僕も、何かのタイミングでフォントが変わって、文字が表示されないということがよくあります。

僕はWINなのでちょっと違うかもしれませんが…
(これは、今回の話題の現象とはちょっと違いますが、注意が必要なことには変わりありませんので、ここにも転載させていただきました)


最初はMac版に固有の現象かとも考えていたんですが、Windowsの方のコメントもあるように、どちらでも起こりうる現象のようです。
改めて、コメントを下さった皆様、ありがとうございます!

今ひとつ発生条件などがはっきりしていない現象ですし、引き続き何かお気づきのことがありましたら、ぜひお知らせくださればありがたいです。

2009年06月20日(土) No.235 (要注意事項)

改めてトーンレイヤーとグレー混在の書き出しの注意


ちょっと解りにくい現象かと思いますので、改めて書いておきますが、以前も
トーン書き出し時の注意点で書いたトーンレイヤーをラスタライズせず、そのままの状態で書き出す時、色深度の設定が「モノクロ2諧調」以外だと、書き出された画像にはトーンのドット等(ノイズなどの場合も)にアンチエイリアスがかかって書き出される、という不具合は、コミスタ4.3.1現在も解消されていません
グレーレイヤーを「減色しない」でグレーに塗った部分やカラーレイヤーにグレーで塗った部分と、トーンレイヤーのドットをアンチエイリアスオフで、混在したまま書き出す方法は、そのままでは今現在もありませんので、混在した原稿を書き出す場合には注意が必要です。

続きを読む

2009年06月13日(土) No.230 (要注意事項)

イラスタをなるべく軽く使う


IllustStudioは、色々できて楽しいソフトだと思うんですが、今の段階ではやっぱりちょっと重い…というのも正直な感想です。
今後のアップデートで、軽くするのはがんばりますとセルシスさんも言ってますのでそれに期待したいところですが、現段階でなるべく重くしないで使うには、やっぱりあまりレイヤーを増やさないのが一番かなーと思います。

でもやっぱり描いていくうちにレイヤーは増えてしまう、という場合は増えたレイヤーを圧縮フォルダにまとめると、大分違ってきます。

複数レイヤーを選択して、上部のフォルダアイコンにドラッグ、だと普通のフォルダにしかなりませんが、まとめたいレイヤーを選択して、パレット上部左のメニューからレイヤーのフォルダ化を選択すると、圧縮フォルダにまとめることができます。


続きを読む

2009年06月13日(土) No.229 (番外:IllustStudioの話)