旧コミスタver.4作業手順 By名称未設定

白フチと白線


ツイッターの方で友達に、描き文字とかの白フチの付け方と、黒で描かれた描画線を後から白に変更するやり方を聞かれたので返事をしたのをまとめてみました。初心者向けの小ワザです。

別にやり方に決まりはないんで単なるやり方一例ですが、その友達がやってみたという描画線を白に変更したい所を「レイヤーをカラー表示にして、黒の代替色を白にする」というやり方は、ちょっと注意が必要です。

これは一見いい考えなんですが、書き出しの時に色深度を「モノクロ2階調」にしちゃうと(基本はこれで書き出します)、コミスタ上で何色で表示されてようとも黒で描かれた部分は黒で描き出されちゃうので意味がないんですよね。
書き出し時の色深度を「カラー」や「最適な色深度を自動判別」にすれば、カラー表示で白にした部分は白のまま書き出されますが、書き出されたファイルはカラーモードになります。また、二値化トーン部分がある場合はドットにアンチエイリアスがかからないように気をつける必要があります。
ぶっちゃけややこしくなるだけなので(笑)、描画線を白に変更したいだけの場合は他のやり方にした方が無難です。
この後、白フチの付け方の後でこれもご説明します〜。
なお、ツイッター上で友達に向けて書いたものをまとめましたので口調が妙にくだけてますがお気になさらず;

まず、描き文字などに白フチをつけるやり方です。
フチをつけたい描画だけ、独立した一枚のレイヤーになるように描画します。

kakimoji1.jpg
Altを押しながら、レイヤーパレットのアイコンをクリックすると、そのレイヤーの描画部分が選択範囲になります。フチが解りやすいように下にトーン敷いてみた。

続きを読む

2010年12月05日(日) No.333 (便利な小ワザ)

フキダシの合体


先日友達がツイッターで「あなたと合体したい…ってフキダシが言ってるけどどうすれば!?」と言っていたので(笑)、その時簡単に説明した画像ですけどこっちにもアップしておきます。

簡単に言葉で説明すると「フキダシ付きテキストをテキストフォルダに入れて、テキストフォルダを閉じる」です





画像のフキダシの中のテキストは、今回の話とは関係ありません;(コマフォルダの中にトーンを入れると画面を縮小しても二値表示されるよ、という話をしてますw)

この「テキストフォルダに入れると合体する」というのは、実はテキストのフキダシには限りません。
「テキストフォルダ」自体が、ちょっと特殊な性質を持っていてテキストフォルダ内にあるレイヤーはレイヤーの上下にかかわらず、白の部分と重なっている黒はテキストフォルダをたたむと削除される(白になる)んです。
普通に描画したレイヤーでも、テキストフォルダ内に入れれば同様に処理されます。
なお、テキストフォルダは上の画像のように「テキスト」ツールオプションでテキストを打ったら自動的に作成するようにできますが、レイヤー、フォルダの「新規作成」で空の「テキストフォルダ」を作成することもできます。

また、これはコミスタ上ではテキストフォルダを開いていると分離して表示されますが、書き出し時にはテキストフォルダは開いていても閉じていても、同様に合体して書き出されます。
ただ、この機能は多少バグもあるようですので;、一応結果は確認した方がいいかもしれません。

これについて、詳しくは以前テキストフォルダの応用使用でも書いたので、そっちのページも参考にしてみてください。

なお、「塗りつぶし」や「マジックワンド」のツールオプションで「文字を参照しない」の設定にしている場合、この「テキストフォルダ」に入っているレイヤーの描画線は無視されます
時々、意図しないでレイヤーやコマフォルダなんかがつるりとテキストフォルダに入ってしまって「塗りつぶしが変になった!?」などと焦ることもあるのでご注意ください。
テキストフォルダ内に入ってるレイヤーの白部分に重なっている黒も、書き出し時には全部白くなってしまいますので、書き出し結果も場合によってものすごく変なことになってしまいます。
急に塗りつぶしやマジックワンドが効かなくなったり、書き出し結果で黒で描いたはずの描画部分が白くなっていたりした場合は、意図せずレイヤーがテキストフォルダに入っていないかを確認してみてください。

2010年11月20日(土) No.329 (便利な小ワザ)

レイヤーパレット二重表示


私の本とかでもご案内したことあるコミスタの「レイヤーパレット二重表示」ですが、昨日ツイッターでちょっと話題になって、案外見逃してる方も多い機能なので改めてここにも書いておきます。
地味ですが、レイヤーが多くなりがちな人には特に便利な機能ですよ。

ã�¬ã�¤ã�¤ã�¼ã��ã�¬ã��ã��ã�¯ã��äº�é��ã�«è¡¨ç¤ºã�§ã��ã�¾ã��ã��ã... on Twitpic

����������表示����#ComicStudio  on Twitpic

これは「分割表示」と言った方がいいのでは、というご意見をツイッターで拝見して「そうか!」と思いました。
その方が解りやすいですよね。

2010年09月09日(木) No.324 (便利な小ワザ)

枠線の引き方


割といろんな所で言ってますが、今のコミスタ(4)は、実は枠線の引き方にはかなりのバリエーションがあるんですよね。
私は、自分が「コマフォルダ」をずっと使っているので、主に「枠線つきのコマフォルダ」のやり方をご説明することが多かったんですが。
コマフォルダは便利な点も多いので私は使っているわけですが、枠線の扱いも含めてちょっと煩雑で、初心者には「よく解らーん!」ということになりがちな部分かなーとも思います。
また「枠線定規」を使って枠線を引く場合はコマフォルダを使わないといけない、という誤解もあるかもしれないと思いましたので、ちょっと改めて、ただ「枠線を引く」方法をご紹介しておこうと思います。初心者でも解りやすい方法だと思いますー。

もちろん「枠線定規」を使って引きます。
ただのレイヤーに、ただ普通に線が引かれただけの枠線になります。コマフォルダを使わない場合のやり方です。
ただ線が引かれているだけの枠線は直線ツールや矩形ツールなんかで描いてもいいわけですが、やっぱり「枠線定規カット」ツールは便利なのでこれを使うのをおすすめします。

続きを読む

2009年10月20日(火) No.266 (便利な小ワザ)

集中線を描く定規


今まで私は、集中線を描く場合には特に何も考えずに(笑)「特殊定規」の中の「放射線定規」を使っていたんですが、今更ながら、これはフィルタの「消失点」を使った方がいいかなーと思い始めました。

私はパース定規が便利に使えているし、フィルタの「消失点」というのは全然使ったことがないというか何のためにこんなフィルタあるんだろうとわりと疑問だったんですが。(今でも割と疑問は疑問なんですがw)

フィルタ「消失点」は、定規とは違ってラスターレイヤー上に作るというか、まあフィルタなんで「かける」になりますかね、そういうものになります。
空のラスターレイヤーを新規に作ってそこにかけるといいんじゃないかと思います。

続きを読む

2009年10月20日(火) No.265 (便利な小ワザ)

3D楕円定規の応用


楕円を描くためだけの定規だったら、ただ「3Dワークスペース」に入れればそれで使えますが、せっかく「3Dワークスペース」を使うんだったら、やっぱり「3Dワークスペース」のパース機能も使いたい所ですよね。

デフォルトで作った「3Dワークスペース」に、そのまま正円の定規を入れた場合、実はカメラアングルを回してみると、デフォルトのアングルの関係で、微妙にナナメった円になっているのが解ります。

どうせだったら、この円を最初から「3Dワークスペース」内で垂直か水平になるように作った方が、色々描く場合に便利です。

続きを読む

2009年05月30日(土) No.218 (便利な小ワザ)

楕円を自在に描く定規


楕円を描くにはやっぱり定規が欲しいところですが、図形ツールから作る定規は、楕円の扱いは結構難しいですよね。
長径と短径を決定してから回転させることになると、思っていた楕円とRが違ってたり。
定規も拡大縮小や回転はできますが、長径と短径を別に拡大縮小とかはできないですし。

楕円定規は「3Dワークスペース」を使う方が断然扱いやすくて便利です。

案外知られてない機能みたいですが、コミスタの「定規」は、そのまま3Dワークスペースフォルダにドラッグすると「定規」というオブジェクトが追加されて、普通の3Dオブジェクトと同じように、ぐるぐる回したり移動させたりできるんです。もちろん拡大縮小も自由にできます。
ベジェとかで作ったあんまり複雑な定規だとダメみたいですが、普通の図形なんかの定規ならOKです。
「定規レイヤー」の定規でも、「サブ定規」の定規でも大丈夫です。

…というわけでやってみましょう。

続きを読む

2009年05月30日(土) No.217 (便利な小ワザ)

二値トーンとグレー混在の書き出し


以前ここの
トーン書き出し時の注意点のページでも書きましたが、今現在のコミスタにはラスタライズしないままのトーンレイヤーがある場合、書き出しの色深度が「モノクロ2階調」以外だと、トーンのアミドットにアンチエイリアスがかかってしまう、という問題があります。

私は、「グレーとアミドットを混在させたまま書き出すには、トーンレイヤーをラスタライズして、色深度をグレーなどで書き出すしかない」と書いていたんですが、メールで違う対処法もありますよと教えていただきました!

グレーのままにしたい部分は、グレーの色ごとにレイヤーを分け、塗りつぶしは「黒100%」で行って、グレーにするには「レイヤーの不透明度」を下げるという方法です。
これを、書き出しの設定で色深度は「モノクロ2階調」にし、レイヤーありのPSDファイルに書き出します。
色深度はモノクロ2階調なので、トーンのドットにアンチエイリアスがかかることもないですし、レイヤーの不透明度は保ったままPSDファイルに書き出されますので、これをPhotoshop上でそのまま統合すれば「二値トーンとグレー部分」を混在させることができます。

…あったまいーーー!!! まさに発想の転換ですね。私は全然思いつきませんでした。
PSDファイルをそのまま統合するためにPhotoshop(PSDを直接操作できるソフト)が必要になるのと、グラデーションはグレーのまま持っていくことはできない、という注意点がありますが、方法を覚えておけば、色んな時に対処法の選択肢が増えますよね。
教えてくださった方、ありがとうございます!

2008年11月29日(土) No.193 (便利な小ワザ)

コミスタでカラー


コミスタでカラーは、ずっとレイヤーのカラー表示でセル塗りばっかりやってたんですが、ぼかしを入れた塗りはどんなもんかなーと思ってやってみました。


Webアップ用のリサイズはPhotoshopでやりましたが、色塗りまで全部コミスタです。

続きを読む

2008年05月17日(土) No.132 (便利な小ワザ)

「移動と変形」複合技


これも友達に「選択した部分を「移動と変形・拡大縮小」する場合、一度確定しないと「移動と変形・回転」とかはできないですか?」と訊かれましたが、これもいっぺんにできますよー!

これはつまり、たとえば選択した部分を移動させたのち拡大し、ちょっとゆがみ変形もかけたい、という場合にいちいち移動して確定、拡大して確定、そののちゆがみをかけなければいけないの? ということだと思いますが、この移動&変形は全部やってから確定、ということにできます。

続きを読む

2007年12月08日(土) No.71 (便利な小ワザ)

[1][2]